高脂血症の症状を敏感にキャッチ~進行前に病気をストップ~

病院

新しい治療法です

花

本人の樹状細胞を利用

がんの新しい治療法として、樹状細胞療法というものがあります。この治療方法では、患者本人の樹状細胞を利用します。樹状細胞とは免疫細胞の一種で、枝状に伸びた突起を動かしながら、主にがん細胞を探し出す役割を持っています。要するに、樹状細胞は体内を隅々までパトロールして、隠れているがん細胞を見つけ出す能力を持っているのです。そして樹状細胞は、見つけ出したがん細胞を体内に取り込んで、がん細胞の抗原情報をTリンパ球等に伝えるのです。がん細胞の抗原情報をもらったTリンパ球は、がん細胞を見分けることができるようになり、他の免疫細胞と共にがん細胞を撃退できるようになるのです。ですから、手術ができないような症例でも樹状細胞療法なら治療ができる可能性があるわけです。

この治療法の特徴

樹状細胞療法には特徴というものがあります。まずは、樹状細胞療法を行うことで期待できるメリットですが、従来のがん治療で見られた副作用が、樹状細胞療法にはありませんから、患者の苦痛を軽減することができます。また、先ほども少し触れましたが、手術ができないほど進行してしまったがんや、脳腫瘍のように大きなリスクを伴うために手術ができないがんでも治療できる可能性があります。さらに、通院だけで治療することが可能です。その一方で、樹状細胞療法は健康保険が利用できないために、高額な医療費がかかってしまいます。また、この治療法を実施している医療機関が限られているのです。しかし、メリットの方が断然大きいとも考えられますから、樹状細胞療法を受ける人が増えているのです。